ネットワークフォレンジックサーバ NetEvidence Ax Ver.3.1 オプション

【POP3】メール一括エクスポートテンプレート

「標的型攻撃」が一時的なものではなく、今後ますます大きな脅威となることも懸念される状況を踏まえ、メールの受信に用いられるプロトコル(POP3)にも注目し、サイバー攻撃を検知する各種システムとの間で、検査対象データをスムーズに連携させる機能、「【POP3】メール一括エクスポートテンプレート」を開発しました。

■「【POP3】メール一括エクスポートテンプレート」とは

『NetEvidence』で記録した受信メール(POP3を使用して通信された受信メール)を一括して取り出し、標的型攻撃検知システムと連携するためのオプション製品です。
このオプションを用いることにより、『NetEvidence』が記録した受信メールを、さまざまな標的型攻撃検知システムで検査することが可能となり、インターネット上の通信を継続しながら「標的型攻撃」の被害を受けていないかを監視することができます。
本オプションで取り出されたメールデータは、標的型攻撃検知システムに利用するだけでなく、メールソフトに取り込み再利用することも可能です。

※ 当オプションは、NetEvidence Ax Ver.3.1のみ対応となります。

資料ダウンロード
製品に関する各種資料、
パンフレットなどを
ダウンロードいただけます。
(無料)
お問い合わせ
製品について詳しく知りたい方は、
お問い合わせください。
(製品デモや評価機貸出等もこちらから)

お知らせ

ユーザーサポート お客様専用ページはこちら

製品情報

お問い合わせ

ホワイトペーパー

ページトップへ